ウッドライフ教室「プサルテリー」1日目

 こんにちは指導員の小泉です。

 ウッドライフ教室「プサルテリー」の教室の様子をお伝えいたします。

新企画として、数ヶ月の準備の元、ようやく実現しました。

たくさん方に興味をもっていただきました。ありがとうございます。

5名の受講生さんと、3日間かけて製作していきます。

 プサルテリーは、12~14世紀の中世ヨーロッパで盛んに使われた、箱形の弦楽器です。

指で弦を弾く、あるいはバチで弦を叩いて音を出す、弓で擦って鳴らすタイプもありました。

宗教画にたくさん残されていて、聖書を歌いながら語る時などに使われていました。

 今回は、現代的にアレンジして、扱いやすい材料と糸鋸盤などを使って作って行きます。

木工の基本である、墨付け、加工、組み立ての順に進めて行きました。

音の抜けを良くするために、表板にはサウンドホールを開けますが、ただの丸い穴では味気ないので、糸鋸盤を使って「ロゼッタ」というバラ窓をイメージした模様を切り抜くのに挑戦です。

ちょっと駆け足気味ですが・・・

箱の形になりました。

次回はブリッジの取り付け、箱の仕上げです。
担当 小泉